10.糖質の種類とは

炭水化物を構成する要素は「糖質」と「食物繊維」でした。
「糖質」と言っても、実は種類があるのです。その種類によって血糖値に与える影響も違ってきます。

炭水化物を構成するもの

まず<糖質>という括りの中に<糖類>という括りも存在します。
これは市販商品での表示で混同しやすいので注意が必要です。[糖類オフ]や[糖類ゼロ]と表示されている食品は<糖質>が含まれている可能性が高いため、成分表示を確認することをお勧めします。

さらに、<糖類>を構成する【単糖】【二糖類】が血糖値に影響を与えるスピードは非常に早いため<糖類>を抑えなければ意味がありません。

<糖類>の各名称を見てお分りいただけるかと思いますが、”砂糖”や”果糖”といったお菓子屋ジュース類によく含まれる見慣れた身近な成分です。
そのため、ついうっかり口にしてしまいやすい危険性が高い要素でもある、とお考えください。

果物は糖質制限の大敵です

「酵素が摂れる」「なんとなく健康的」こんなイメージで、甘いスムージーを飲んでいませんか?
「野菜だけでは飲みづらい…」というお気持ちもわかります。ただ、飲みやすくするのに入れているのは何ですか?はちみつ、バナナ、リンゴ…健康的ですよね!美味しいですよね!わかります!
でも…
絶対にダメです!!

ちなみに、バナナはエネルギー源として効率が良く運動前や朝食に向いていますが、ブドウ糖・果糖・ショ糖などの糖類を多く含んでいます。
もし、ちょっと甘みを加えたければ、糖質が低めの”いちご”や”キウイ”をお勧めします。

糖アルコールという幸せ

<糖質>の中に【糖アルコール】という気になる分類があります。
これは、血糖値に影響を与えない”甘味成分”として存在しています。そのため、甘味を感じるのに糖質制限中でも食べて良い甘味料なのです。
ただし、成分表の表記では”糖質”として表記されているものなので、”原材料名”の中に【糖アルコール】が含まれていても”糖質”または”炭水化物”の表記は数値が高く表示されています。
もし『糖質ゼロ』などの表記があるもので『ただし、糖アルコール成分を除く』などと注釈が書かれている場合もあります。慎重に原材料と成分表を確かめて購入しましょう。

その中でも「ラカントS」という製品があります。

「羅漢果(ラカンカ)」の高純度エキスとトウモロコシの発酵から得られる天然甘味成分「エリスリトール」、2つの天然素材からつくられた安心でカロリーゼロの自然派甘味料です。
※栄養成分表示にある炭水化物はエリスリトールで、血糖値に影響がないので、実質熱量はありません。

https://www.lakanto.jp/products/lakanto/

この製品は、実際にCloud Kitchenでも活用させていただいていました。
砂糖と同じ甘味の感じ方なので、レシピの”砂糖”の表記と置き換えることができる、魔法のような甘味料です。

なお、他の糖アルコールでは、甘味の感じ方が違うため量がそれぞれに調整する必要があります。用法や用量にご注意ください。