recipe6.やみつき!!鶏もも肉のジャークチキン

Cloud Kitchenで実際にご提供していた料理や、新たに開発した低糖質料理のレシピをご紹介します。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
鶏もも肉のジャークチキン

Cloud Kitchen(クラウドキッチン)のスパイシー料理は、とても人気で“やみつき”になるリピーターが多かった一品です!
スパイスは糖質制限の強い味方になります!華やかな香りと刺激で味覚を満足させましょう!

糖質量

材料 (約2人分)

作り方

1)鶏もも肉の下処理を行います。まず、鶏肉は必ず流水で水洗いしてください。(表面に細菌がついている可能性があります。静かな流水で菌を洗い流してください。)幅の広い側を上に置き、中心にある大きな筋と血管、小骨を除きます。下部にある白い筋、余分な脂肪も除きます。

2)鶏肉の厚い箇所は繊維と反対の方向に隠し包丁を入れ、繊維を断ち切りつつ味を染み込みやすくします。
また、皮面をフォークなどで複数回刺し皮面の縮みを軽減します。

※一枚肉のままでも構いませんし、一口大に切り分けてもどちらでも構いません。お好みやシーンによって使い分けて見てください。

3)少し頑丈なビニール袋(ジップ付き保存袋や、厚手のポリ袋など)、またはボウルなどに鶏肉を入れます。

4)玉ねぎはすりおろし、[3]の袋(またはボウル)の中に入れます。レモン果汁と塩、☆スパイスも全て袋に入れ、3分ほどよく鶏肉に揉み込みます。
袋の場合は口を閉じ、漏れ防止にお皿などを下に敷いて冷蔵庫へ。
ボウルの場合は、食材の表面にぴったりと覆うようにラップをかけ冷蔵庫へ入れます。
そのまま最低6時間を目安に漬け込んでください。(最長でも半日にし、それ以上調理するタイミングがなければ、冷凍保管に変えてください。)

5)じっくりと加熱します。
【オーブンがある場合】120℃に予熱し、天板にクッキングシートなどを敷き、その上に皮面を上にして鶏肉を乗せて45〜50分程度じっくり火を通します。
【フライパンの場合】薄くオリーブオイルなどを垂らし、皮面を下にしてフライパンに敷き詰めます。蓋をして、少し蒸気が逃げるぐらい5mm程度隙間を開け、弱火でじっくりと火を通します。

低温でじっくりと火を通すことで、柔らかく仕上がり、お弁当に入れたり、常備菜のように置いておいても硬くなりすぎずに食べることができます。

※本数値は「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」を基に算出しております。また、表示の糖質量は食材100gあたりの数値です。