recipe8.蒸し鶏とザーサイの中華風ネギ和え

Cloud Kitchenで実際にご提供していた料理や、新たに開発した低糖質料理のレシピをご紹介します。

蒸し鶏とザーサイの中華風ネギ和え
蒸し鶏とザーサイの中華風ネギ和え

Cloud Kitchen開店時からの“人気No. 1メニュー”!
香味野菜とスパイスを使って食卓に華を添える一品です。おつまみにも最適で、糖質制限されていない方にも満足してもらえると思います!

糖質量

材料 (約2人分)

【ウーシャンフェンとは】
中国の代表的な香辛料で5種類程度のスパイスが調合されたものです。
メーカーなどによって違いがありますが、その多くは、八角(スターアニス)、丁字(クローブ)、花椒(ホワジャオ)が含まれています。香りがとてもよく、これを一振りすると一気に“中華感”が増すスパイスです。
例えば、「豚の角煮」に一振りするだけで“中華風”になってくれるので、一家におひとつあれば、きっと役に立ってくれるはずです!

<主要メーカーの内容例>
S & B:八角(スターアニス)、桂皮(シナモン)、花椒(ホワジャオ)、丁字(クローブ)、陳皮(チンピ)
youki(ユウキ食品):八角(スターアニス)、桂皮(シナモン)、茴香(フェンネル)、丁字(クローブ)、花椒(ホワジャオ)

作り方

1)鶏むね肉の下処理を行います。まず、鶏肉は必ず流水で水洗いしてください。(表面に細菌がついている可能性があります。静かな流水で菌を洗い流してください。)皮や筋と余分な脂肪を取り除いておきます。

2)ザーサイは塩抜きしておきます。
薄切りのザーサイを流水で洗い、水を張ったボウルに入れ、8~10分浸し塩を抜きます。時折、味見をしてお好みの塩味を確かめてください。ほどよく塩が抜けたらザルに移して水を切っておきます。
※塩を抜きすぎると、香りまで飛んでしまうためご注意ください。

(市販のザーサイでは、すでに香味などで味付けをされたものもありますが、今回使用するのは【塩漬けのみのザーサイ】です。もし、香味などで味付けされたものしかない場合は、それぞれによって糖質の違いはもちろん、調味料の量も変わってきますのでご注意ください。)

3)下処理した鶏むね肉で蒸し鶏を作ります。
耐熱皿の上に下処理した鶏むね肉を乗せ、そこに香味付の材料として、ごま油(小さじ1)、日本酒(できれば糖質0のもの大さじ1)、生姜薄切り(1枚)、長ねぎ(青いところ1片)を上から乗せ(かけ)蒸し器に入れ、15分ほど蒸します。
蒸しあがった鶏肉は取り出し、お皿のまま粗熱をとります。

4)長ねぎの白い部分は長さ7cm程度で細い千切りにします。(できれば白髪ねぎを作ってください)。

5)セロリは長さ7cmの縦薄切りにします。おくらは縦に千切りにした後、ラップに包み30秒ほど加熱します。塩抜きの終わったザーサイは太めの千切りにします。

6)粗熱のとれた蒸し鶏を小指程度の大きさにほぐしボウルに入れ、切った具材と☆調味料Aをオクラの粘りが出る程度までよく混ぜ合わせたら完成です。

お好みで、ごま油やウーシャンフェンを調整しお好みに合わせてみてください。最後に糸唐辛子を乗せると、彩よく仕上がります。

※本数値は「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」を基に算出しております。また、表示の糖質量は食材100gあたりの数値です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です