recipe9.メイプル香るアボカドチーズケーキ

Cloud Kitchenで実際にご提供していた料理や、新たに開発した低糖質料理のレシピをご紹介します。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
メイプル香るアボカドチーズケーキ

Cloud Kitchen特製ロカボスイーツの記念すべき第1作目が、この“メイプル香るアボカドチーズケーキ”でした。ナイショの事情により、すぐに作らなくなってしまったのですが、当時はまとめ買いされるほどの人気商品でした。
売り切れでお断りしてしまった方々も多く申し訳ございませんでした。ぜひ、この機会に作ってみてください!!

糖質量

ホールで作るため、8ピース分の材料で記載します。「全体」は8ピース分だとご理解ください。

材料(8ピース分)

【各食材について】

◎生クリーム
生クリームは大きく分けて2種類あります。
今回は“乳脂肪”を使いますが、“植物性脂肪”というものもあります。それぞれに成分が違いますので、お好みの方をお使いください。
〈生クリームの糖質の違い〉
・乳脂肪:3.1g/100gあたり
・植物性脂肪:2.9g/100gあたり

◎メープルシロップ
甘味料は様々ありますが、今回は、アボカドや大豆粉といった香りが強い材料を使いますので、メープルシロップの香りを使って和らげたいと思います。
その他、香りが豊かな甘味料の糖質を紹介します。
〈甘味料の糖質の違い〉
・メープルシロップ:66.3g/100gあたり
・はちみつ:79.7g/100gあたり
・黒砂糖:89.7g/100gあたり

☆糖質が気になる方は、メープルシロップの割合を減らし、その分ラカントSなどの糖アルコール類の甘味料を使用してください。ただし、分量によっては固まりにくくなることがございます。これは製品特性上のこととなりますので、使用される甘味料の注意記載やホームページなどをご参照ください。

作り方

【タルト生地】

1)室温にならし柔らかくなった無塩バターをボウルに入れ、カラザをとり溶き卵にしたたまごを加えて滑らかになるまでゴムベラなどで混ぜ合わせます。

2)メープルシロップを少しずつ入れ全体を混ぜ合わせます。

3)大豆粉はふるいながら加えゴムベラで切るように混ぜ合わせます。

4)ダマができないようにボウルの中でよくこね、全体によく混ぜ合わされ、ひと塊りにできたらボウルにラップをして冷蔵庫で20〜30分寝かせて落ち着かせます。

【ケーキ型は円形6号/直径18センチ/6〜8人分を使用します】
作りたいピース数に合わせてケーキ型を選び、それに比例して量を加減してください。

5)型の底にクッキングシートを円形に切り敷きます。その上にタルト生地を厚さ5〜8mm程度になるまで伸ばし敷きます。フォークで全体に穴をあけ170℃に予熱したオーブンに入れ、15〜20分焼きます。

6)焼きあがったら、型のまま熱を取っておきます。

【チーズ生地】

1)耐熱容器に粉ゼラチンを入れ、そこに白ワインを加えてゼラチンをふやかします。

※ゼラチンの種類によっては、かたまり具合が変わる可能性があります。うまくいかない場合は、お手数でもゼラチンの量を調整してみてください。

2)細かく切ったアボカドを裏ごし器で裏ごししボウルに入れます。そこに少しずつ生クリームを加え、ダマがなくなり滑らかになったところにレモン果汁を入れ全体を混ぜ合わせます。

3)別のボウルに室温程度にならしたクリームチーズを入れ、メープルシロップを加えてゴムベラなどで滑らかになるまで混ぜます。

4)カラザをとり溶き卵にしたたまごを3)に加えてさらに混ぜ合わせます。そこに3)を混ぜ合わせて、滑らかになるまでしっかり混ぜ合わせます。

5)1)でふやかしたゼラチンを電子レンジや湯煎などで温めてゼラチンをよく溶かし4)に加え混ぜ合わせます。

6)【タルト生地】のケーキ型がよく冷めたら、型の側面にクッキングシートをまとわせ、5)を流し入れ、表面の気泡などを潰して冷蔵庫に入れ半日程度冷やし固めます。固まり具合によって時間の調整をしてください。

7)固まったら型から丁寧に取り出し、8等分します。側面に砕いたピスタチををまとわせたら完成です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です